空襲通信バックナンバー


2018/08/03

『空襲通信』第20号

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
『空襲通信』第20号口絵 第7戦闘機集団の出撃基地 - 硫黄島

第1部   特集  硫黄島からの空襲
硫黄島から日本本土を攻撃した第7戦闘機集団について-特集に当たって- 工藤洋三 1
市部瀬の惨劇  - P-51戦闘機による列車銃撃 - 澤久子 9
空襲犠牲者記念像の設立    校條善夫    12
亀山列車銃撃事件(1945年8月2日 三重県)の調査と継承 岩脇彰 15
中央本線419列車空襲 -  空襲の実態把握と慰霊行事の37年 -    齊藤勉 21
1945年8月5日のP51行動記録 楢崎茂彌 25
記録に残されなかった阪南市の空襲-  P-51による銃撃?    辻本久 30
『名鉄電車空襲被害事件』について 松原勝己 35

第2部    米軍資料編
昭和20年7月15日に北海道の日本海側に墜ちた5機 田中まこと 39
The New York Timesが語る太平洋戦争最末期の様子 藤本文昭 44
 -米マスコミがとらえたフィナーレ爆撃の意図 -
梅雨期の米軍の1トン爆弾攻撃  ?1945年6月の大阪空襲から? 松本泉 51
台湾空襲の概要    新妻博子 58

第3部    空襲記録・記録のあり方
おカミの“無為無策”ぶりが富山大空襲の死者を増やした    和田雄二郎 72
 - 富山大空襲の死者はなぜあんなに多かったのか?
ドイツ・ヴュルツブルクの空襲慰霊祭    柳原伸洋 76
 -2017年3月の調査結果報告*
中島飛行機武蔵製作所と空襲,戦後の跡地利用に関する大型説明板が    牛田守彦 79
できました!-都立武蔵野中央公園拡張エリア・「爆撃照準点」に近接-
気象観測原簿にみる空襲記録    山本竜也    83

第4部    各地の会の報告
第33回戦災・空襲記録づくり東海交流会    寺脇正治 95
半田空襲と戦争を記録する会 活動報告(2017年4月-2018年3月)    佐藤明夫 98
戦時下の小田原地方を記録する会・活動報告(2017年4月-2018年3月) 井上弘 100
「富山大空襲を語り継ぐ会」の活動(2017年6月?2018年5月) 和田雄二郎 101
岐阜空襲を記録する会 2017年活動報告    篠崎喜樹    102
「静岡平和資料館をつくる会 ?静岡平和資料センター」の活動 - 土居和江・寺島敦子 104
ゆきのした史料館の活動報告(2017年6月?2018年5月) 田島伸浩 106
神戸空襲を記録する会の1年 中田政子・小城智子 107
岡崎空襲を記録する会の活動 香村克己 109
武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会の活動 秋山昌文 111
第4回空襲・戦災・戦争遺跡を考える九州・山口地区交流会の報告 工藤洋三 112
東京大空襲・戦災資料センターの2017年度    山辺昌彦 113
横浜の空襲を記録する会・一年の報告    藤井厚 114
千葉市空襲を語り継ぐ最近の行動    伊藤章夫 115
「今治戦災の実態」と米軍の作戦任務報告からみた空襲 新居田大作 116
国家無答責理論と戦災犠牲者名簿の調査 今村修 119
『空襲通信』への投稿について 122
編集後記 124

8月10日発行

16:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 空襲通信