お知らせ

米軍資料の調査・活用に関する研究会

第1回 神戸 2000年7月28日
第2回 東京 2001年8月10日
第3回 福井 2002年7月27日
第4回 豊橋 2003年7月24-25日
第5回 横浜 2004年7月22-23日
第6回 長岡 2005年7月31-8月1日
第7回 今治 2006年7月28-29日
第8回 前橋 2007年8月3-4日
第9回 青森 2008年8月22-23日
第10回 八王子・多摩 2009年7月24-25日
第11回 東京 2010年8月20-21日
第12回 大牟田 2011年8月19-20日
第13回 愛知 2012年8月24-25日
第14回 函館 2013年8月23-24日
第15回 神戸 2014年8月22-23日
第16回 東京 2015年8月21-22日
第17回 仙台 2016年8月26-27日
 

日誌


2011/01/01

第6回 長岡 2005年7月31-8月1日

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin

と き:2005年7月31日-8月1日
ところ:長岡商工会議所
参加者:30人

  『航空群ごとの目標と攻撃順序』その後  今井 清一
  空襲損害評価報告書に見る長岡空襲  中山 伊佐男
  E-46の解束状況とM-69の構造   星 貴
  米軍資料,高知の取り組み   梅原 憲作
  マリアナからの日本本土初空襲の作戦任務報告書  齊籐 勉
  米軍資料で語る岡山大空襲  日笠 俊男
  搭乗員処刑事件について   福林 徹
  「呉市民尋問録」と「艦載機空襲」の訳出整理について   朝倉 邦夫
  米国立公文書館で写真偵察機が撮影した写真をさがす   工藤 洋三
  今治の取り組みについて   藤本 文昭
  浜松空襲について   阿部 聖


04:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)