あなたは546293番目の
お客様です

   お知らせ

 第54回全国大会
 2024年8月23日(金)から25日(日),第54回全国大会を静岡市で開催します.ただし,23日は「空襲資料研究会」のみです.

 第53回全国大会(終了
 8月25日(金)から27日(日),第53回全国大会を秋田市でで開催します.

(2023年8月22日版)

『空襲通信』第25号発刊
 2023年8月10日発刊しました.

入会を申し込む
 会則を認めて申し込む

 2019年全国大会
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第49回大会は,8月30日(金)-9月1日(日),山梨県甲府市の山梨学院大学を会場に開催されました.

 2018年全国大会
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第48回大会は,8月25-26日,四国の松山で開催されました.

『空襲通信』第20号
2018年8月10日発行.

『空襲通信』第19号
 8月5日発刊しました.

 2017年全国大会
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第47回大会が,8月19-20日,千葉で開催されました.

□『空襲通信』第18号
 8月5日発刊しました.

『空襲通信』第17号
8月10日発刊しました.

 2015年全国大会
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議の第45回大会は,8月22-23日,東京で開催されました.

 2014年8月23-24日
空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第44回神戸大会が神戸市立御影公会堂で開催されました.
 
 2013年8月24-25日
 空襲・戦災を記録する会全国連絡会議第43回北海道大会が函館市公民館で開催されました.

 
タイトルロゴ
 

ブログ

空襲・戦災を記録する会ブログ
12345
2024/02/19

和歌山県有田市でパンプキン着弾地の調査を行いました

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
パンプキン着弾地調査2月16-18日,和歌山県有田市で,新しく発足した「パンプキン爆弾を調査する会」による着弾地調査が行われました.着弾地は有田市の山中で,私有地のため地権者の許可を得て入山しました.周辺に通常爆弾や焼夷弾の投下記録がなく,パンプキンの破壊の効果や破片の分布の調査に適している場所として選びました.
 主要な調査は,金属探知機を用いた爆弾破片の発掘と,トータルステーションなどを用いた着弾地周辺の平面図作成のための測量でした.写真は,クレーターの中心部近くで作業する参加者.
 3日間の作業で,ボタン大のものから両手で持ち上げる大きさのものまで大小40点以上の破片を収集,測量も順調に終了し,当初の目的を達成することができました.今後はパンプキンの破片の成分分析などを行う予定です. (文責:工藤)

08:21 | 各地のたより
2024/02/01

第30回空襲オンライン学習会の案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第30回空襲オンライン学習会を以下のように開催します.(終了しました

 と き:2024年2月17日(土)20:00-21:30
 報告者:廣岡諒子さん(東京女子大学・歴史文化専攻4年)
 テーマ:「戦後における遺族援護事業の形成と展開
                 〜海軍軍属の曽祖父・オーラルヒストリーからの検証〜」

学習会に参加いただくには下記のサイトに登録していただく必要があります.
https://docs.google.com/forms/d/16biHgiFqBDkVzLLpOI-o6njgUMwH1SQHf5Ltqv0hfcc/
なお,1度登録していただいた方は,2回目以降,再登録の必要はありません.
その他,オンライン学習会に関するご質問などもこのサイトからお願いします.

20:17 | 学習会
2024/01/14

戦跡ガイドボランティア養成講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
戦跡ガイドボランティア養成講座神戸空襲を記録する会の初めての試み、戦跡ガイドボランティア養成講座第3回(1月14日)が終了しました。第4回は3月10日(日)須磨区について話し合います。
 参加者が積極的で、ガイドのポイントを整理してみようと、あんちょこを作られたり、灘区の空襲体験の手記を灘区の歴史の本にあった、と持ってきてくださったりして、話し合いました。
 自分ならどこを紹介したいか、どういうコースでまわりたいか、など考えるのが楽しい、大学の友人に話すなら、こんな身近なところで戦争があった、というのを行ってみたい、など、色々な意見が出ました。(文責:小城)

23:32 | 各地のたより
2024/01/12

第29回空襲オンライン学習会案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第29回空襲オンライン学習会を以下のように開催します.(終了しました

 と き:2024年1月27日(土)20:00-21:30
 報告者:岡村幸宣さん(原爆の図丸木美術館 学芸員)
 テーマ:丸木位里、丸木俊と「原爆の図」原爆を繰り返し描くということ―

学習会に参加いただくには下記のサイトに登録していただく必要があります.
https://docs.google.com/forms/d/16biHgiFqBDkVzLLpOI-o6njgUMwH1SQHf5Ltqv0hfcc/
なお,1度登録していただいた方は,2回目以降,再登録の必要はありません.
その他,オンライン学習会に関するご質問などもこのサイトからお願いします.

21:12 | 学習会
2024/01/01

シンポジウム:模擬原爆パンプキンの被害と滋賀の戦争

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
シンポジウム案内1月20日に,立命館大学びわこ・くさつキャンパスで,『京滋地区から考える「ヒロシマ・ナガサキ」』というテーマでシンポジウムが開催されます.
 「模擬原爆パンプキンの被害と滋賀の戦争」という副題のついたこのシンポジウムは,「滋賀県に投下された模擬原爆を中心に取り上げ、その被害実態や今日の継承実践、同関連資料の現状等について、各専門家の視点から広く討議を試みていく」(案内文より)もので,これまで滋賀県大津の東洋レーヨン滋賀工場に投下されたパンプキンの調査に関わってきた方々による発表などが予定されています.
 シンポジウムの具体的な内容については,以下のサイトをご覧ください.

関連リンク



19:36 | 各地のたより
2023/12/28

清水空襲に関する米軍「作戦任務報告書」の全訳版を展示

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
清水空襲TMR

121日から静岡平和資料センターの常設展示の一角で,194577日の清水空襲に関する資料として,米軍による第6回中小都市空襲(千葉・明石・清水・甲府)および石油作戦(丸善石油下津)の「作戦任務報告書」を日本語に全訳した冊子を展示中です.全80頁.翻訳作業には静岡県立大学国際関係学部の学生3名も参加しました.なお,この企画は,空襲・戦災を記録する会の「フィナーレ爆撃作戦任務報告書全訳プロジェクト」をモデルにさせていただきました.


 静岡新聞社の12月28日の記事でも紹介されました.その他,「特集:ビキニ水爆実験から70年」などの展示もあります.期間は5月末まで.(文責:寺島)


静岡新聞リンク:

08:33 | 各地のたより
2023/12/11

第28回空襲オンライン学習会

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第28回空襲オンライン学習会を以下のように開催します.(終了しました

 と き:2023年12月23日(土)20:00-21:30
 報告者: 山崎 丈 (東久留米市文化財保護審議会委員)
 テーマ: 陸海軍の外国通信傍受と諜報活動  
                ー 陸軍北多摩通信所と海軍大和田通信隊 ー

学習会に参加いただくには下記のサイトに登録していただく必要があります.
https://docs.google.com/forms/d/16biHgiFqBDkVzLLpOI-o6njgUMwH1SQHf5Ltqv0hfcc/
なお,1度登録していただいた方は,2回目以降,再登録の必要はありません.
その他,オンライン学習会に関するご質問などもこのサイトからお願いします.

12:10 | 学習会
2023/11/26

鹿屋周辺の戦争遺跡を見学しました.

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第5航空艦隊司令部壕見学九州・山口地区交流会2日目は,まず2件の発表が行われました.報告を2日に分けて行うのは初めての試みでした.
 中央公民館での交流会の後,鹿屋周辺の戦争遺跡の見学会が開催され,23人が参加しました.第五航空艦隊司令部壕,海軍笠野原基地掩体壕,海軍串良基地地下電信壕などを見学,それぞれの見学地では,専門の方による詳しい説明が行われました.写真は,第五航空艦隊司令部壕跡での説明の様子.
 来年の交流会は,熊本県菊池市で開催される予定です.

22:27 | 見学会
2023/11/25

九州・山口地区交流会が始まりました.

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
九州・山口地区交流会11月25日,鹿児島県鹿屋市の鹿屋市中央公民館で,「空襲・戦災・戦争遺跡を考える九州・山口地区交流会」が始まりました.2014年に発足した交流会は,今年が10回目となりました.九州各県や遠くは関東地方からの参加者もあり,参加者数は70人を超え,10年目の節目の年にふさわしいにぎやかな交流会となりました.
 この日の交流会では,鹿児島県や鹿屋の空襲について6件の報告があり,活発な質疑が行われました.2日目も発表が予定されています.
 

21:57 | 各地のたより
2023/10/25

第27回空襲オンライン学習会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:admin
第27回空襲オンライン学習会を以下のように開催します.(終了しました

 と き:2023年11月25日(土)20:00-21:30
 報告者:柴田知彰(秋田県公文書館)
 テーマ:母から聞く戦時体験(秋田県横手市、仮題)

学習会に参加いただくには下記のサイトに登録していただく必要があります.
https://docs.google.com/forms/d/16biHgiFqBDkVzLLpOI-o6njgUMwH1SQHf5Ltqv0hfcc/
なお,1度登録していただいた方は,2回目以降,再登録の必要はありません.
その他,オンライン学習会に関するご質問などもこのサイトからお願いします.

08:34 | 学習会
12345

これまでの全国大会開催状況

空襲・戦災を記録する会
第53回秋田大会
2023年8月25日(金)-8月27日(日)
第53回秋田大会

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第52回東京大会
2022年8月26日(金)-8月28日(日)
第52回大会

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第51回東京大会
2021年8月27日(金)-8月29日(日)
第51回大会
第51回大会はコロナ禍のためオンラインで開催されました.

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第50回東京大会
2020年8月29日(金)-9月1日(日)
第50回大会
第50回大会はコロナ禍のためオンラインで開催されました.

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第49回山梨大会
山梨学院大学40号館102教室
2019年8月29日(金)-9月1日(日)
山梨平和ミュージアム
(山梨平和ミュージアム前にて)

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第48回松山大会
 愛媛大学城北キャンパスグリーンホール
2018年8月24日(金)-26日(日)

旧制松山高校講堂
見学会(旧制松山高校講堂前にて)

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第47回千葉大会

パネルディスカッション
会場 千葉県教育会館
2017年8月18日(金)-20日(日)
今年は愛媛県松山市で開催します

空襲・戦災を記録する会全国連絡会議
第46回仙台大会
会場 仙台市戦災復興記念館地下展示室

2016年8月27日(土)-
28日(日) 
  8月29日(日) オプショナルバスツァー
市内戦跡巡り
市内戦跡めぐりの様子

米軍資料の
調査・活用に関する研究会

会場:仙台市
2016年8月26日-27日
第16回米軍資料の調査・活用に関する研究会
米軍資料の調査・活用に関する研究会(東京)